OFFの時間

海外で購入したスマホ(iPhone)を日本で使う方法

海外のiPhoneを日本で使うための方法をいろいろ調べてみました。
せっかくいろいろ調べたのでこちらにもUPしておきます。
※ 現在、韓国に住んでいるので、韓国在住者向け情報も少し入っています。

※ 下記の情報は2013年6月1日現在のものです。新しい情報があれば コメント欄 に追記していきます。

まず、語彙解説から・・・
※ 国際ローミング
海外にスマホを持ち込んでも、事業者提携により国内同様のサービス(電話・ネット等)を受けられますが、国内と同じ感覚で使っていると、帰国後、高額請求が待っています・・・。それを避けるための料金プランもいろいろあるようですが、それでも十分高い・・・。

※ SIMカード
こんなやつ(クリック)です。iPhone4や4Sに入っているのは「マイクロSIM」という少し小さいサイズのもの。SIMカードには大抵キャリア(通信会社)名が入っています。日本だったら「docomo」、「au」、「Softbank」。スマホからSIMカードを抜いてしまったら、まず、スマホの電話機能は失います。ネットはつながるかも・・・。(試していません)

※ SIMロック/SIMフリー
スマホをSoftBankで購入・契約した場合、SIMカードも「Softbank」のものです。このSIMカードを抜き、他のキャリア(通信会社)のSIMを入れられないよう、スマホ端末にロックが施されていることを「SIMロック」と言い、ロックがかかっていない(あるいは解除されている)スマホ端末を「SIMフリー」と言います。海外では「SIMフリー」のものが多く、国を移動するごとに、その国のSIMを購入(またはレンタル)し、国際ローミングせずに安く携帯を利用することができます。韓国も最近「SIMフリー」国家になりました!日本は端末によって、SIMフリーのものと、SIMロックされているものがあるようです。日本のSoftbankとauのiPhoneにはSIMロックがかかっています。

※ IP電話
電話回線ではなく、インターネット回線を使った音声通話(ビデオ通話)。例) Skype、LINEの無料通話


では、本題に入ります・・・ 「海外で購入したiPhoneを日本で国際ローミングせずに安く使う方法」
【日本でデータ通信(インターネット)だけ利用したい】
1.e-caやwimaxのルーターをレンタルする





2.日本通信(bmobile)という会社の「データ通信専用SIM」(クリック)を購入。
海外のSIMフリーiPhoneの人はSIM規格が「マイクロ」となっているものを選びます。
一番安いのは30日間ネット使い放題で2980円
【日本で電話としても使いたい(国内用電話番号が必要)し、データ通信もしたい】

★ 価格をとことん抑えたい & 一度取得した電話番号を保持し続けたい
---------------------------------------------------------------------
1. e-caやwimax等のルーターをレンタルするか、日本通信の「データ通信専用SIM」(クリック)を購入するなりし、ネット接続環境を整える。(データ通信専用SIMに「音声通話不可」と書かれていますが、これはSIMカードに電話番号はついていないよということであって、IP電話が使えないということではありません。ただ、SIMカードの種類によってはIP電話がつかえないものもあります。その確認は詳細ページを開いていけば説明書きがあるかと思います。)

2. 以下のAかBまたはCを選択。Aは月額基本料無料。Bは月額基本料315円。Cは年額基本料約5000円。
---------------------------------------------------------------------

A: FUSION IP-Phone SMARTを利用する。無料で電話番号を取得し、日本国内での発着信を可能にする。
  ※ 発信者番号通知も可
  ※ 登録・支払い時、クレジットカードが必要
  ※ 通話料一律16.8円/分
  ※ Fusion登録者同士は無料
  ※ 海外への発信不可

B: NTTコミュニケーション者の「050 plus」でIP電話番号を取得し、 日本国内での発着信を可能にする。
  ※ 発信者番号通知も可
  ※ 登録・支払い時、クレジットカードが必要
  ※ 通話料(固定電話2.8円/分、携帯電話16.8円/分)
  ※ 050plus登録者同士は無料
  ※ 海外への発信可
  ※ 登録時のみ日本の携帯電話番号が必要




C: SkypeのIP番号(スカイプイン)を購入し、 日本国内での発着信を可能にする。
  ※ この方法だと日本ではまだ発信者の番号が相手に通知されないようです。つまり、番号を持っているのにかかわらず、発進時には「非通知」となってしまいます。

★ IP電話の登録は面倒。電話番号も一時的に取得できれば問題ない。
日本通信(bmobile)の「音声通話+データ通信専用SIM」(クリック)を購入する。
海外のSIMフリーiPhoneの人はSIM規格が「マイクロ」となっているものを選びます。iPhone5の型は「マイクロ」ではなく「ナノ」なので、現在、日本通信で販売されているSIMカードの中から選ぶとしたら、VISITOR SIMしかありません。

こういうものもありますが、積極的におススメはできません。

NanoSIM カッター 3種のアダプタ付 iPhone5/iPhone4S/4用 通常サイズのSIMをnanoSIMサイズに簡単にカット

新品価格
¥790から
(2013/7/5 15:46時点)



★ 海外のSIMフリーiPhoneを持っている。日本のキャリアと契約したい。
ドコモであれば、iPhoneの日本化は可能(詳細)。2012年7月現在、Softbankとauでは海外のSIMフリーiPhoneの日本化は不可。なぜなら、Softbankもauも自社から出しているiPhoneにはロックをかけているから。


その他の情報・・・
【海外で購入したSIMフリーiPhoneを日本でWifiルーターとして利用(テザリング)する方法】
上記の方法をとり、iPhoneの「インターネット共有」をONにすれば、iPhoneのWifiルーター化が可。
5台まで接続可能。
【SIMフリーのスマホを海外旅行中も安く使いたい】
参考URL
● 世界のプリペイドSIMカード
● 海外プリペイドSIM導入マニュアル
● 「世界一周旅行者によるSIMロックフリー携帯&プリペイドSIMカード購入方法まとめ」
● 短期間だし、日本で海外でも安くネットが使えるように契約していきたいという場合はこんなのもあるみたいです。↓





【韓国のKTでiPhoneを契約している方へ】
※ 2011年11月10日以前に購入したものは顧客センターに連絡し、SIMロック解除可。
※ 2011年11月11日以降に購入したものは購入時にSIMロック解除済み。
※ 詳細はこちらを。

短期滞在で少しだけネットに接続できればいいという場合は
KTのMy ollehに「일본 데이터로밍 무제한(1日1万ウォンでデータ通信無制限)」という付加サービスがあります。



 TOP PAGE 




こちら ↓ は、オンラインで空席照会可


by auoiio | 2012-07-22 13:58